top of page
MetaMask

Go into WEB 3.0

WEB 3.0と私たちの日常生活をつなげる、ネット上のデジタル財布「MetaMask」。

このページでは、「MetaMask」の作り方をインストールから開設まで順序立ててご説明します。​

作る際に費用は一切かからず、仮想通貨も一切購入する必要はありません。​

あなたが参加したイベントで、参加記念NFTが配布されていたら、

「MetaMask」を事前に作っておくことで、とても簡単に一生の記念を手元に残すことができます。​

それでは、最先端のWEB 3.0の世界に足を踏み入れてみましょう!

MetaMaskのインストール

01

対応ブラウザ一覧

  • GoogleChrome

  • BraveBrowser

  • MicrosoftEdge

  • Firefox

  • Opera

今回使用するブラウザは、おすすめのGoogle Chromeとさせていただきます。

​他のブラウザでも以下の手順と同じようにインストールが可能です。

02

MetaMaskをChromeにインストール

Chromeウェブストアから、PC版MetaMaskをインストールします。

metamaskインストール画面

ポップアップ画面が表示されたら、「拡張機能を追加」を押し、インストールを開始します。

拡張機能追加

​これで、MetaMaskのインストールが完了しました。

03

MetaMaskをChrome上部バーにピン留め

Chrome右上にあるパズルアイコンをクリックすると、

右の画面になります。

ここで、MetaMaskのピンをクリックします。

​すると、ブラウザ右上部に常にMetaMaskが表示されるようになり、いつでも簡単に、保持しているNFTを見ることができます。

ツールバー追加

MetaMaskのアカウント作成

初期画面

01

MetaMaskを開く

PCから作成する場合:

ツールバーに固定したMetaMaskのアイコンをクリック​

スマホから作成する場合:

​インストールしたMetaMaskのアプリを起動

02

ウォレットを新規作成

ウォレットの作成をクリックします。

次の画面で、
プライバシーポリシーへの同意が求められます。

​プライバシーポリシーを確認し、
問題なければ、同意しますをクリック。

セットアップ
パスワード画面

03

​パスワードを作成

MetaMaskログイン時に必要となるパスワードを作成します。

04

シークレットリカバリーフレーズの
保管と確認

リカバリーフレーズとは、12の英単語からなるフレーズのことで、MetaMaskの鍵のようなものです。

従来のアカウントでは、メールアドレスやID、

パスワード等が鍵の役割を持っていましたが、

WEB3.0で必要なMetaMaskの鍵は、このリカバリーフレーズです。

​絶対に忘れないように、誰にも見られない形でメモを残しておき、

絶対に他人に共有しないでください。

リカバリー動画
シークレットフレーズ

上の動画を見終わったら、次へを押します。

​次に、あなたのシークレットリカバリーフレーズを確認し、保管してください。

​保管出来たら、次へを押します。

​ひとつ前の画面で保存したフレーズを、順番にクリックしていき、

シークレットリカバリーフレーズを完成させます。

​完成させたら、確認を押し、次の画面ですべて完了をクリックします。

フレーズ入力
アカウント開設

05

​MetaMask開設完了

これで、無事にWEB3.0へのはじめの一歩、
MetaMaskの開設が出来ました

©2024 nur, Inc. All Rights Reserved.
bottom of page